かんがるープラス*

アクセスカウンタ

zoom RSS にんじんのグラッセ

<<   作成日時 : 2010/06/17 00:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


にんじんのグラッセってどちらかというとあまり好きでない部類でしたが、オリーブオイルを使うとしつこくない甘さでいい感じ。小さめに作って柔らかく煮ると、偏食の2歳児もよく食べます♪

材料
  にんじん 中1本
   *オリーブオイル 大1
   *塩 小1/2
   *コンソメ 小1/2
   *砂糖 大1
   *ローリエ 1枚

作り方
 1. にんじんは皮をむき、縦に半分に切ってから6〜7mmの厚さに切る。
   (細いところは丸のまま、太いところは縦に1/4にして大きさをそろえる)

 2. 小鍋ににんじん、*の材料とひたひたの水を加えて、にんじんが柔らかく
   なるまで弱火で煮る。(10分くらい?)  

献立例
   ハンバーグ
   ブロッコリと魚肉ソーセージのコンソメガーリック
   ごはん
   お味噌汁

ひとりごと
実は上記(↑)の献立例、我が家の偏食息子が最近完食できるようになったメニューです。
もともと食欲は旺盛な方だから気に入ったものであればたくさん食べられるのに、気に入らないととことん食べないので、食べてくれないとほんとに凹む。だからって食べるとわかっているものばかり出すのでは、食べられるものは増えないし、もうどうすればいいの〜キィー!!ってなっていました。
そんなある日の夕食は、魚とブロッコリのソテーとトマト。ブロッコリとトマトは絶対食べないと思いつつお皿に盛り、案の定食べなかったのですが、その日はいつもならたいてい食べる魚ですらほとんど食べない。ガーン、それじゃ今日食べるものないじゃん、せっかくどれも一生懸命作ってるのに〜、どうして何も食べてくれないのぉ〜・・・って言ってたら本当に悲しくなってきて、とうとうるーとの前でおいおいと泣き出してしまいました。
そんな私を見て「ママ、だいじょーぶぅ?」と心配そうなるーと。もちろん自分が原因だとはわかってる様子。でも私は大丈夫ではなかったのでそのまま泣き続けていたら、一生懸命に別のことに気をそらそうとしたり、笑わせようとしたり、なだめるようにぎゅぅ〜して背中をトントンしたり。可笑しいやらうれしいやらで、悲しみにくれていた私もさすがにちょっと冷静になってきた。
で、転んでもただでは起きない私は、何度も「ママ、だいじょーぶ?」と聞くるーとに「ありがとね。もう大丈夫だよ。でもママ、るーとがこれ食べてくれたらもっと元気になるんだけどなぁ〜。」とブロッコリを差し出してみました。そしたらなんと・・・それまで絶対に絶対に食べなかったブロッコリの先っぽをぱくっとかじって「おいし。」って言ってくれたのです!うわ〜ん、るーと、ありがとう!!ママのために食べてくれてありがとう!!と再びうるうる。
調子にのってもう一口、もう一口とあげてたら三口目にはにっこり笑って「ごちしょうさま!」って言われちゃったけど、でも本当に本当にうれしかった。この日はブロッコリ記念日にしようと思うくらいうれしかった。
そしてそれ以来、ブロッコリの先っぽだけは食べられるようになったのです。茎の方がおいしいのに、と私なんかは思うのですがまぁいいや。
そしてさらにこの日以来、今までの偏食ぶりがすこーし緩和されて、ほんとにちょっとずつですが食べられるものが増えてきた感じがします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
にんじんのグラッセ かんがるープラス*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる